医学科

自らの意志で学び、考え、自立して行動する「自主自学」を建学の精神とする本学では、高度な知識と技術を持った"最高水準"の医師の育成を目指しています。医学科では学修成果基盤型教育として6年間で身につけておく教育到達目標が定められ、これらを段階的に学んでいきます。また本学では、グローバル人材の育成のため海外留学の機会を設け、国際的にも活躍できる次世代の医療人に必要な教育を行っています。

**医学科の最新ニュースはこちら>>**

医学科の4つの特徴

◆医学科長による「教育プログラムの特徴」動画はこちら>>

1

基礎と臨床の
「並列学習」

【知識領域】病態生理学(病気の仕組みを考える学問)を軸にして、基礎医学と臨床医学の視点から学びます。6年間、基礎と臨床の並列学習をすることで、高い臨床能力が養われています。
■オンライン教育プラットフォーム「e自主自学」

2

6年間の充実した「臨床実習」

【技能領域】「診療力日本一」を目指した教育を行っています。第1学年から段階的にシミュレーション実習を導入し、診療参加型の臨床実習へとつなげていきます。診療手技を6年間に渡って繰り返し学修することで、「患者さんを診る能力」が高いレベルで養われます。
■感染症実践コースの導入>>

3

人間学を導入した「態度教育」

【態度領域】人文科学系の科目を人間学として統合し、「自己と他者」「社会の中の医療」そして「医療倫理」のテーマを、5年間継続して考え、プロフェッショナリズムの礎を創るという本学独自のプログラムも用意しています。

4

「少人数ゼミ形式」の自由科目を導入

【選択科目】建学の精神「自主自学」の実践として、海外臨床実習コミュニケーション、USMLE受験準備コース、地域医療リーダーコース、リサーチ?コースなど「柔軟で、多様で、主体的な学び」を後押しする教育を実践しています。

ページトップ