2022/08/24
社会貢献

高校1、2年生向けに医療系探究講座の出張講義を実施

takeguchi20220716.jpg
竹口文博参事の話に耳を傾ける生徒の皆さん

 2022年7月16日(土)、東京都千代田区の大妻高等学校において、本学企画部統合管理室の竹口文博参事(医師?弁護士)が、医歯薬看護を目指す1、2年生34名を対象に、医療系探究講座の出張講義を行いました。

 この講座は、各分野のプロフェッショナルによるSTEAM(※)教育の一環で、大妻高等学校より依頼を受け、竹口参事は医事法の専門家として招聘されました。

 「リーガルマインドをもった医療~医事紛争とその防止~」と題した講義は、竹口参事の東京地方裁判所での研修経験を生かした医事紛争対応に加えて、医学科で学ぶべきこと、医師のキャリアプラン、仕事の魅力やつらさ、医師に求められる能力、家庭と医師の両立など多岐にわたる内容でした。特に本学のダイバーシティの取り組みについて詳細な解説がありました。

 質疑応答では、生徒さんから「高校生活で打ち込める目標をもつ意味は?」、「365足球比分の学生時代に最も感動した体験は?」、「不器用な女性でも役立てる臨床医学分野は?」など、やる気に満ちた質問が続き、医師を目指す女性のエネルギーを感じました。竹口参事の「医学科受験で浪人したとき、司法試験に落ちたとき、私にあったのは合格する能力ではなく、諦めずに挑戦する勇気でした。簡単に合格して甘い職業意識を持ったまま医師や弁護士になったら、個人的には社会人としてダメだったと思います。」との話は印象的でした。

 将来、受講生がひとりでも多く本学に入学され、社会で活躍する医師や看護師になられることを期待しています。



※ STEAM:Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学?ものづくり)、Art(芸術?リベラルアーツ)、Mathematics(数学)の5つの単語の頭文字を組み合わせた教育概念

ページトップ